読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやとりがおすすめ |

外出先で待ち時間などの退屈するような時に、玩具やお菓子ではなく、あやとりで子供の気分を持たせることができたらいいな、とも思います。結び目のない使いやすいひもがついています。昔は本なんて見ないで!自然に教えてもらって覚えていたのになぁ!なんて思いつつ(^^;もともとレパートリーはそこまで多くなかったので!懐かしいものは勿論!初めてみるものも沢山ありました。

3月30日 おすすめ!

2017年03月30日 ランキング上位商品↑

あやとりあやとりしようよ! [ あやとり探検隊 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

本屋さんでみていてもどれがいいのかわからず!結局レビューを頼りに買ってしまいました自分で作ると結び目がひっかかるのでひも付きなのもいいと思います まだ少ししかやっていませんが!5歳の子供ひとりではコツがつかめないようですなれればひとりで出来ると思います本が厚くて閉じてしまうのが難点です年少の息子があやとりに興味を持ち始めたのですが!私がすっかりやり方を忘れていたので!思い切ってこちらを購入しました。簡単なものから難しいものまでいろいろ取り混ぜた内容ではないかと思います。付録のヒモは、毛糸でやるよりもからまりづらく、あやとりしやすくできています。写真で紹介されているので!子供には絵よりも具体的にわかっていいのかなと思います。届いてみて!写真での説明なのでとても分かりやすく子供に教えながらも順調です。もっと珍しいあやとりが載っている本はないのかな。まだ、私が覚えて息子に伝えるというのがほとんどですが、自分でみて作れるようになれたらいいな、と期待しています。あやとり大好きな子どもに購入。100円Shopで買ってきたあやとりの本を制覇し、「もっと難しいの作りたい〜」というので、いろいろ探したのですが、どれも似たり寄ったりの内容のモノばかり。残念なことにあまり普段自分で本を読まない子ですが、これはわかりやすいらしく、自分で写真見ながらあれこれ挑戦しています。こちらはわかりやすく、あやとりの種類も多くて、有名なものから簡単なもの、手品あやとり、二人あやとりもあり、よいです。それなりの厚みがあるので、本を広げたあと重しなどしないと閉じてしまうのが難点といえるでしょうか。定番のあやとりから!難易度の高いあやとりまで!いろいろ載っていて満足です。中でも1〜10段のはしごがすべて紹介されています。。10段はなかなか難しいが!挑戦しがいがあります。それぞれの作品ごとにレベル(☆5つで表記)!適したひもの長さ(ながめ!みじかめ)!できた日を書き込む欄があります。。そんな中で!これだけは「7段〜10段ばしご」という難しそうなのが載っていたので購入しました。指先も器用になりそうです(^^子供が熱中しています。男の子ですが、関係なく面白いようです。解りやすくて!いいです。あやとりの本はたくさんありますが!わかりにくいものもあったりします。はじめての注文ですが!対応は素早い対応ですので安心しております。たくさんの種類の技が載っていて!特に変身あやとりが楽しかったです♪オススメ☆10段バシゴが作りたかったので購入。図書館で借りた本は今ひとつ説明が分からずでしたが、こちらはレビューも良いので楽しみです。小学生の子供1人で、本を見ながら出来るので買って良かったです。ひもも長い・短い2種類付いていてよかったです。6歳の息子が大喜び。こどもも楽しんでやっているので買って正解でした!折り紙の場合は折り紙ケースが嵩張りますが、あやとりは紐を本に挟めばいいので荷物も少なくてgood。子供用に購入!写真入りで解りやすいようです。他にもいろいろ作れるようになって!大満足です。でも、ながめ・みじかめの紐が二組付いていますし、最後には塗り絵のページがあり、あやとりができたらのお楽しみになっていて楽しめます。たまに付き合わされますが、指の運動にいいですね。これは紐2本がセットになっているので親子で一緒にできるのでいいですね。説明がすべて実写になっていて、わかりやすいです。ぜんぜんあやとりしたこともない主人も何個か技を出来るようになったので初心者にも優しいと思いますが、子供は小学1年生なので一人で読んで理解するにはまだ難しいみたいです。今後もよろしくお願いいたします。漢字にもルビがふってあるので、園児が一人でこれを読みながらサクサクと作ってました。まだまだこれからですが!子供と一緒にあやとり楽しもうと思います。子供があやとりに夢中。今までは折り紙にしていましたが趣向を変えてあやとりに。気が付くと、テレビみながらでも一人あやとりやってます。付属の紐も、結び目がないので扱いやすいようです。本は、6歳の子が読んで理解できました。2本のすべりの良い紐がついていて、すぐ始められます。例えば梯子は!1,2,3,4,6,8,10段の8種類が紹介されています。月に1度のこども(年長)の通院の際のひまつぶしアイテムとして購入。5歳の娘と一緒に楽しんでいます。あやとりなんて基本のポーズしか知らない私でしたが、子供のためにとこちらはあやとりの紐が2本も同梱されてるので買ってみました。目次では練習(簡単)、一人で遊ぶ、二人で遊ぶ、不思議、どんどん変身するなどで分類してあり、巻末の索引では作品名でページを調べることもできます。